初心者でも分かる本質の株式投資

PBRについて深く理解しよう

今回は、株価が割安かどうかを見分ける指標の1つであるPBRについて解説していきます。


会社の健全性を見る2つのポイント


これまでの記事で、会社の健全性というのは、会社の資産(ストック)と収益(フロー)の両面で見ることが必要だとお話ししてきました。


詳しくは、こちらの記事をご覧ください↓↓

どんな会社を選べばいいのか


会社は資産(ストック)を作って、その資産から収益(フロー)を生み出し利益を確保していきます。


だから資産と収益は切っても切れない関係であり、会社の健全性をチェックするときには、


①収益を上げて大きな利益を確保している会社

②しっかりとした資産を持っている会社


この2つは欠かせない項目となります。


もちろん将来性があるということが前提ですが、どうせ株を買うなら、上の2つを満たしている会社を選んでいきたいですよね。


PERPBRの違い

ただ当然ですが、利益の大きい会社や純資産の多い会社の株は人気があり、株の価値も高くなるのが普通です。


しかし株の価値は上がったり下がったりするもので、いくら健全な会社でも株価がいつも高いということはなく、まだ上がっていない状態のときや、一度上がったけど今は下がっている状態という場合もあります。


株の原則は、割安なときに買うということですから、


株を買う時は割高なときなのか割安な時なのか判断して購入しなければならないわけです。


前回お話ししたPERは、上の①である会社の生み出す利益が株価に反映されているかを見る数値です。


利益というのは、収益から生まれますから、PERは会社の収益(フロー)から株価の割安度を測る数値と言えます。


今回解説するPBRは上の②である会社の資産(ストック)から株価が割安かどうかを測る数値になります。


PBRとは


PBRとは、会社の純資産が、株価に反映されているかを見る数値で、


PBR=株価÷1株当たりの純資産(BPS) という式で表されます。


式だけ見ても何のこっちゃ分からないと思いますが、


先ほど話したように、会社の純資産という視点から株価が割安かどうかを見分ける数値がPBRということですが、以下に詳しく解説していきます。


PBRの見方


PBRの見方を知るために、以下のA社とB社を比べてみましょう。


A社の株価10万円だとして、1株当たりの純資産10万円だった場合、PBRは1倍になります。


また、B社の株価10万円で、1株当たりの純資産5万円だった場合、PBR2倍となるわけです。


ABを比べると、株価が割安なのは、どちらだと思いますか?


A社とB社は同じ株価ですが、純資産の多いA社の方が健全性が高いと判断できますから、B社の株よりもA社の株が高く評価されるわけです。


だからPBRの数値を見るときには、数値は低い方が株価が割安ということになります。


純資産が株主に注目される理由


純資産については、詳しくは「自己資本比率と営業利益率について理解しよう」をご覧ください。


純資産とは自己資本のことですが、返済する必要がない資産ですから、純粋な会社の資産と言えるものです。


純資産は、株式によって集めた資金+事業で儲けた利益 によって積み上がっていきます。


注目すべきは、純資産には株主が出資したお金が入っているということです。


株主にとっては、自分が出資したお金が純資産の一部になっていて、

会社がその資金を元にさらに事業で利益を出すことができれば、純資産がもっと増えていくわけですから、会社はどんどんお金持ちになっていきます。


そうなれば株主にとっては配当金などで還元されていきますから、純資産に注目して当然ですよね。


ちなみに、自分の出資したお金が含まれている純資産から、どれだけ効率的に利益を出すことができるのかを表す数値はROEといいますが、詳しくは別記事「ROAROEを理解しよう」をご覧ください。


また、株主が純資産に注目するもう1つの理由として、


会社が解散するときには、純資産は株主に振り分けられるのですが、


ということは、純資産は株主のものと考えられるからです。


実際、株式会社の所有者は株主ですから、会社の純資産は株主のものと言えますよね。


だから、株を買う時の視点として、

株を買えば、会社の所有者になれて、会社の純資産が自分のモノになる!

という考え方もできるわけです。


もちろんそんな簡単な話ではありませんが、イメージとしてはそんな感じです。


純資産は株主のモノと考えれば、1株当たりどれくらいの純資産が自分に割り当てられるのかは、株主としては注目すべきことなんですね。


1株当たりどれくらいの純資産があるのかを表す数値がBPSと言われる数値で、下の式で表されます。


1株当たりの純資産(BPS)=純資産÷発行株式数


純資産が500万円の会社で1000株発行しているなら、

1株当たりの純資産(BPS)500万円÷1000株=5000円ということになります。


要するに、1株買えば、会社の純資産のうち、5000円が自分に割り当てられるという考え方ができるということです。


PBRの目安


PBR=株価÷一株当たりの純資産(BPS) ですから

株価が一株当たりの純資産の何倍になっているかを見る数値です。


では、PBRはどれくらいを目安にすればよいでしょうか。


例えば、1株の価格が5000円だとして、1株当たりの純資産も5000円なら、PBR1倍ということになります。


5000円の株を買って、計算上自分に割り当てられる純資産も5000円なら、損はしないですよね。


だから株を買う時のPBRの目安は、1倍ぐらいと考えましょう。


収益をしっかり上げているのに、PBR1倍未満の株があったら、それは買いのチャンスになります。


ただ、PBR1倍未満でも、赤字が続いている会社は買いのチャンスにはなりません。


将来的に収益が上がる見込みがあるなら別ですが、あくまでも株は将来性が前提になります。


また、業績の良い会社で、PBR2倍になっている会社の株があったとします。


いくら健全な会社でも、株価が割高な時に買ってはいけませんよね。


この場合は1倍近くに下がってきたら、買うということになります。


PBRを使いこなせば、割安な時に株を購入できるようになります。


株選びの基礎知識


記事一覧

1  (13件)